設定登録

特許査定された場合、一定期間中に特許料(3年分)を納付することで「設定登録」されます。

他方、拒絶査定され、不服が有る場合には「不服審判」を特許庁に請求することができ、更には知財高裁や最高裁判所で争うこともできます。


 スポンサードリンク