特許査定または拒絶査定

実体審査の結果、
 @ 拒絶理由が発見されなかった場合、 又は
 A 意見書や補正書によって拒絶理由が解消された場合
実体審査を通過して特許査定されます。

それ以外の「意見書や補正書によって拒絶理由が解消されなかった場合」などは、拒絶査定されます。

 スポンサードリンク