審査請求

特許出願されたものは、全てが審査されるわけでなく、出願人又は第三者が審査請求料を払って出願審査の請求があったものだけが審査されます。

審査請求は出願日から3年以内に行うことができます。3年以内にこの審査請求をしない場合は、出願を取り下げたものとみなされます。

審査は審査請求を実施した順に行われますので、先の審査が終わるまで順番を待つ必要があります。現在は、その「待ち」の期間が2年以上となっており、当分は解消されないと思われます。

そのため、次のような制度があり利用されています。

(1) 優先審査制度

出願公開後に第三者が公開発明を事業化している場合に、優先的に審査することを求めることができる制度です。「優先審査に関する事情説明書」を特許庁に提出することによって実施されます。
これは、出願人だけでなく公開発明を事業化している第三者も請求することができます。

(2) 早期審査制度

以下の条件に当てはまる場合は「早期審査に関する事情説明書」を特許庁に提出することで早期に審査することを求めることができます。

 ・ 出願人もしくは許諾実施権者が発明を実施している場合、
 ・ 同一発明を他国へも出願している場合  他

実施は「早期審査請求に関する事情説明書」の提出日から2年以内の実施まで含まれます。

 スポンサードリンク