出願から特許までの流れ

出願から特許までの大まかな流れは以下のとおりです。

@ 特許出願 必要書類を不備なく作成し、出願料を納付します。

A 方式審査
出願書類が所定の方式に合致しているか審査されます。

B 出願公開
出願日から1年6ヶ月経過すると出願の内容が公開されます。

C 審査請求
審査請求は出願日から3年以内に出願人(または第三者)が行うことができます。
3年以内にこの審査請求をしない場合は、出願を取り下げたものとみなされます。

D 実体審査
特許庁の審査官によって実施されます。

E 特許査定(または拒絶査定)
実体審査を通過したものは特許査定、それ以外は拒絶査定されます。

F 設定登録
特許査定された場合、特許料(3年分)を納付することで設定登録されます。

 スポンサードリンク