発明とは何か?

特許法に定められた発明とは、

 @ 自然法則を利用していること
 A 技術的思想であること
 B 創作であること
 C 技術的に高度であること

と定義されています。

@ 自然法則を利用していること

自然法則に反するものや、自然法則でないもの(人為的な取り決め等)は、特許法上の発明には該当しません。

また、自然法則そのものも「発見」にはなっても、発明にはなりません。

A 技術的思想であること

「技術」とは、一定の目的を達成するための具体的な手段を意味しており、第三者に客観的に伝達出来て、第三者が実現・再現できるものをいいます。

 「客観的に伝達出来るもの」というのは、例えば、個人の訓練によって得られる技能は含みません。

B 創作であること

創作と言うのは、はじめて作り出すことを言います。したがって、天然にあるものの発見(例、X線の発見など)は「発明」にはなりません。

C 技術的に高度であること

「発明」と「考案」とを明確に区別するための要件です。
技術的に高度なものは「発明」として特許法で保護されます。高度でないものは「考案」として、実用新案法で保護されます。

 スポンサードリンク