商標権とは何か?

知的財産権のひとつである商標権について説明します。
商標権は、特許権、実用新案権、意匠権とともに知的財産権を形成する重要な権利のひとつです。

商標には、その製品を作った企業を明らかにするという機能があり、消費者はそれによって製品の性能や品質を判断して購入するかどうか判断する一助とします。

消費者と企業との信頼関係に裏付けられた商標は、企業にとっての財産とも言えます。

商標権はこのような大事な役割を担う商標を保護するためのものです。商標権によって、商品の模倣や盗用を防止し、安心して商品を買い物できるようになるのです。

 ・保護対象:文字、図形、記号、立体的形状またはこれらと色彩との結合で、商品や役務に業として使用するもの。

 ・保護期間:登録から10年(更新可能)

 ・登録の要否:必要

 スポンサードリンク